博多織草木染日野間道の帯

博多織草木染日野間道の帯
参考買取価格 15,000円
種類 帯:名古屋帯

この商品について

少々古いもので、若干シミ汚れがございましたが、良いお着物ですので買取させていただきました。
日野間道(ひのかんどう)
日野という名称は茶道を利休に学んだ権大納言(ごんだいなごん)日野輝資(ひのてるすけ)の愛用裂と伝えられ、日野肩衝(かたつき)とともに著名である。間道は一般的に堅縞と思われているが、本歌の片側には織り耳があり、段文様であることがわかる。経、緯の地糸には白茶色の撚りの強い細い木綿糸を用い、絵緯波、樺茶(かばちゃ)、蘇芳(すおう)、薄紅色を用いている。
平組織の打ち込みが荒く透けるガーゼ状の段と、絹の色緯は経二本ずつ浮かせて打ち込みを密にし、さらに経緯ともよろける効果を出している。よろけ織りは他の名物裂には見られず、織り方糸使いに特徴があり、色彩も異国的で、極めて美しい裂である。
間道は「かんどう」とも「かんとう」とも「かんとん」とも発音され、漢東・漢島・広東・などとも書かれる。インド方面の織物を祖とし、広東方面に伝播し、ここを貿易港としたことから広東、漢東などの呼称が起こったものと思われ、間道はその当て字ということになる。一般に縞織物を指している。茶入れの仕覆に用いられたのは古く、会記面では緞子や金襴に先行し、そして金襴や緞子が重宝されるようになっても、間道の派手さ、渋味、美しい新鮮さを持つ織物は茶人の心を魅了し続けている。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

着物買取の流れ

関東エリアを中心に出張買取にお伺い致します。

出張買取の流れ

  1. STEP1 出張買取のお申し込みお電話または、出張買取り申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量などをお聞かせ下さい。
  2. STEP2 日時の決定(出張無料)ご都合のあう日時をお知らせください。お伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望でお時間の都合がついた場合は、即日出張買取いたします。
  3. STEP3 査定・お支払い査定が完了次第、メールにて査定結果をお伝えします。買取価格にご納得いただけましたらご指定口座に、2営業日以内にご入金致します。

出張買取の流れを詳しく見る


よろしければシェアお願いします

六角堂の出張買取対応エリア

東京・埼玉・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP