初代 由水十久(ゆうすいとく)監修 長嶋成織物 瀞金錦「一鼓」本金箔 袋帯

初代 由水十久(ゆうすいとく)監修 長嶋成織物 瀞金錦「一鼓」本金箔 袋帯
参考買取価格15,000円
種類帯:帯・袋帯

この商品について

昭和23年に創業者である長嶋成介の名を取り創業された【長嶋成織物】謹製、「瀞金錦」の袋帯でございます。本金箔を用いた高度な織技法を駆使して織り上げる独自の技法は、漆芸の蒔絵の一手法「瀞金」を織物の世界に再現した本金引箔の最高峰。実に柔らかな光沢、地風が表現された逸品です。お柄には、本加賀友禅作家【初代・由水十久】監修による「一鼓」が配されました。織柄の精緻さ、幽玄とも評される細やかな色合い…洗練された古典美を追求した確かな存在感があり、その帯を締めた後ろ姿には、ながしま帯ならではの品格の高さが感じられます。
初代 由水十久(ゆうすいとく)大正2年~昭和63年
初代 由水十久は金沢に生まれ、京都で京友禅の修行を積んだ後、再び金沢に戻った加賀友禅の作家。写実的なモチーフを好む加賀友禅の世界では、異色の作家として、中国風の童子の図案で、不動の地位を確立しました。最も扱いにくい題材とされる人物画を好み、童子に対する思い入れは独自の世界感があります。昭和52年には伝統工芸士に認定されております。加賀友禅協会が認める加賀友禅の現在を築いた巨匠たちの9人のうちの1人である初代 由水十久は、亡きあとも加賀友禅を代表する人気作家でございます。初代 由水十久の亡きあとは、初代の息子が二代を引き継いでおります。初代のたぐいまれなる技と精神を受け継ぎ、「由水十久」の代名詞ともいえる童子など人物画を加賀友禅に取り入れ、そこに現代的なセンスも加えつつ、独自の美の世界観を確立しました。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

着物買取の流れ

出張買取の流れをご紹介。初めて当店を利用される方はご覧ください。

出張買取の流れ

  1. STEP1 出張買取のお申し込みお電話または、出張買取り申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量などをお聞かせ下さい。
  2. STEP2 日時の決定(出張無料)ご都合のあう日時をお知らせください。お伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望でお時間の都合がついた場合は、即日出張買取いたします。
  3. STEP3 査定・お支払い査定が完了次第、メールにて査定結果をお伝えします。買取価格にご納得いただけましたらご指定口座に、2営業日以内にご入金致します。

出張買取の流れを詳しく見る

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休

買取可能な帯一覧

当社では「初代 由水十久(ゆうすいとく)監修 長嶋成織物 瀞金錦「一鼓」本金箔 袋帯」の他、さまざまな着物・和装小物を買い取りしております。帯におきましては下記のアイテムを買取強化中です。

アイテム名参考買取価格
初代 由水十久(ゆうすいとく)監修 長嶋成織物 瀞金錦「一鼓」本金箔 袋帯15,000円
小玉紫泉(こだましせん)つづれ織名古屋帯35,000円
人間国宝 北村武資 煌彩錦菊詰七宝紋袋帯130,000円
初代久保田一竹 辻が花 袋帯200,000円
龍村平蔵製 天平大鵬文袋帯30,000円
人間国宝北村武資の紬地太鼓柄袋帯120,000円
帝王紫を使った高台秋草桐文の袋帯15,000円
博多織草木染日野間道の帯15,000円
絽綴れ(つづれ)名古屋帯5,000円
人間国宝北村武資の袋帯200,000円
袋帯(未使用)10,000円
川島織物の本袋帯20,000円
袋帯20,000円
幾何学文金銀糸の名古屋帯15,000円
袋帯22,000円
久保田一竹ぼかし袋帯60,000円
石川県指定無形文化財 牛首紬の手織り袋帯28,000円
龍村平蔵製の袋帯80,000円
唐織の名匠山口弘躬作 歓喜豊穣文袋帯28,000円
伝統工芸士 「足利忠義」作 彩織 袋帯18,000円

買取参考価格一覧を見る


よろしければシェアお願いします

PAGE TOP