東京都新宿区西新宿にて、金谷五郎三郎、志扛造などの煎茶道具。

買取品詳細

買取品目金谷五郎三郎造 精銀鎚目菊摘 宝珠式湯沸(銀瓶)
ご住所東京都新宿区買取方法出張買取
買取参考価格200,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

煎茶の師範をされていたお客様でしたので、良いお道具をたくさんお売りいただきました。一つ一つが思い入れのあるお品かと思います。大切にされていたお道具、当社で責任もって次へと繋げさせていただきます。本日は六角堂をご指名くださり有難うございました。

スタッフから一言

東京都新宿区西新宿にて、金谷五郎三郎、志扛造などのお煎茶道具を一式お売りいただきました。
お引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたお品は銀瓶などの煎茶道具。煎茶道の先生をされていたお客様でしたので、たくさんの良いお道具がございました。画像の銀瓶は、名工金谷五郎三郎(かなやごろうさぶろう)造の精銀鎚目菊摘 宝珠式湯沸。火箸は金谷五郎三郎造南鐐椎頭火箸。托子(茶托)は志扛造の純錫剣木瓜波花翔鶴透し托子。茶入れは志扛造の純錫赤漆角(清風画)茶入、純錫赤漆六面式(詩歌紋)茶入紋。純錫赤漆角茶入の胴には五代清風与平(せいふうよへい)による画賛が描かれております。画像の他にも、煎茶碗、香合、茶合、茶入、茶心壷、鉄瓶、銀瓶、湯沸し、ボーフラ、湯さまし、水注、涼炉、火炉、炉台、火箸、宝瓶、急須、建水、瓶掛、瓶敷、罐座、瓶座、結界、硯屏、炉屏、茶箱、器局、提藍、茶櫃、茶籠、茶托、煎茶盆、烏府、炭斗、火斗、羽箒、炉扇、滓盂、洗瓶、巾筒など、たくさんのお道具をお売りいただきました。煎茶碗は平安春峰、清風与平、北村和善、三浦竹泉、三浦篤のものなどがございました。良いお道具を多数まとめてお売りいただき、有難うございました。また伊豆にある別荘にお呼びいただけるとのこと、楽しみにお待ちしております。煎茶道具は近年中国からの人気があり、中古市場でも価格が高騰しております。六角堂では、煎茶道具でしたら古いものから新しいもの、作家物から名前のないもの、日本のものから中国唐物まで全て買い受けます。ご不要の煎茶道具がございましたら、是非六角堂までお問い合わせください。煎茶道具に詳しいスタッフが一点一点丁寧に査定し、高額査定にて買取させていただきます。
金谷五良三郎(かなやごろうさぶろう)
寛永年間に京都で創業した金工の名家で、豊臣家の武人安藤氏の子であり初代が緋銅色、黄銅色の金属着色法を生み出し屋号を「金家」として始まりました。その後、3代では茶器や諸道具の制作を行うようになり、7代では工房を作り、制作を工業化させました。9代の時には「金家」から「金谷」に改め、現在までこの名前が受け継がれています。13代は金谷家の血筋ではなかったが、技術継承を重んじる金谷家にその技術力を買われ、13代を継承しました。その息子が14代、15代と継承しており、今に続いております。
清風与平(せいふうよへい)
江戸時代から続く京都の名門です。初代は青華(染付)、金襴手、乾山、青磁を得意とし、二代は着彩技法の名工と謳われました。三代は純東洋趣味的な作品、浮彫が得意で陶芸界初の帝室技芸員に選定されました。四代は父:三代に技法を、日本画の技法を田能村小斎に学び、代々の趣向を取り入れました。五代清風与平は独自の染付・極彩色 の世界を築き上げ、現在も多くの京焼作家の手本とされています。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2019年4月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県内を中心に千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・山梨県・静岡県へも出張しております。骨董品は、内容により全国に出張買取対応いたします。全国対応の宅配買取もご利用下さい。
※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP