さいたま市桜区にて、清水公照絵付田原陶兵衛造萩茶碗、象彦の茶入。

買取品詳細

買取品目清水公照絵付 十二代田原陶兵衛造 萩茶碗
ご住所埼玉県さいたま市買取方法出張買取
買取参考価格40,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

生前整理とのことで、多数のお茶道具をお譲りいただきました。一点一点丁寧に査定し、お客様にお喜びいただける査定額で買い取らせていただきました。どれも素敵なお道具ばかり、良いお品をお売りいただき有難うございました。

スタッフから一言

埼玉県さいたま市桜区にて、清水公照絵付田原陶兵衛造の萩茶碗、平安象彦の菊寿蒔絵茶入など、お茶道具をお売りいただきました。
お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。生前整理でお茶道具を処分したいとご連絡いただき、出張買取させていただきました。茶碗、水差 、棗、茶入、香合、花入、茶杓、菓子皿などの茶道具を一点一点査定し、全て買い取らせていただきました。十二代田原陶兵衛の萩茶碗には、東大寺長老清水公照によるだるまさんの絵付けが入っており、とても素敵な作品でした。共箱蓋裏にも清水公照の書付がございます。全てのお道具の保管状態が良く、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただくことが出来ました。お客様の思い出のお道具たち、六角堂で責任もって大切に次へと繋げさせていただきます。本日はご指名いただき有難うございました。

十二代 田原陶兵衛(たはらとうべえ)1925~1991年 本名:源次郎
温和な人柄で知られ、茶碗にかけては特に攻手。裏千家茶道の造詣を深め、伝統の家法に習熟し、萩焼の源流である高麗茶碗の研究に励み、陶兵衛茶陶とも称すべき独特の作風を作り上げた。
1925年 10代・田原陶兵衛の次男として山口県で生まれる
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る
1945年 終戦と共にシベリアに抑留される
1948年 抑留されていたシベリアから復員する
1956年 12代・田原陶兵衛を襲名する
1972年 日本工芸会正会員となる
1981年 山口県指定文化財に認定される
1982年 山口教育文化交流視察団に参加。
1991年 9月27日、66歳にて永眠
清水公照(しみず こうしょう)1911年(明治44)~1999年(平成11)
兵庫県出身 龍谷大学卒 本名「睦治」、号「泥仏庵」、異名「今良寛」
1927年東大寺塔頭宝厳院に入寺、清水公俊(後の義父)の下で修行し、僧名を公照。
33年からの天龍寺での四年間の禅の修業を経て、37年には東大寺塔頭龍蔵院、同上生院住職に就任。戦時中は、中国に出征となるが、帰国後の46年に、東大寺塔頭宝厳院住職に就任。
47年に青々中学(後の東大寺学園)を創建、63年には東大寺幼稚園と女子学園園長に就任するなど
学校教育にも貢献。
華厳宗宗務長、東大寺執事長などの就任を経て、75年から大僧正、華厳宗管長、東大寺住職 第207・208世別当を歴任、81年には東大寺長老となり「仏教伝導文化章」を受章。
氏の代表的な仕事の一つに、71年から10年間かけての東大寺大仏殿の「大仏殿昭和大修理落慶大法要」があり主宰、厳修を務めた。約50億円もの資金を要した大偉業を成し遂げました。
また法務の傍ら美術品研究家として知られ作家作品の箱書、古書や古陶磁の鑑定を行い、自らも絵画、陶芸、書を中心に多数の作品を制作。
特に陶芸作品でテラコッタ風の「泥仏」とされる仏像は愛嬌があり大変人気が高い。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年9月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP