世田谷区代田にて、アンティーク着物、杉並区永福にて、伊東深水、山下巌の掛軸。

買取品詳細

買取品目アンティーク着物(はぎれ)
ご住所東京都世田谷区買取方法出張買取
買取参考価格6,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

世田谷区、杉並区ともに、一点一点丁寧に査定させていただきました。お客様の思い出のお品々、大切に次へと繋げさせていただきます。ありがとうございました。

スタッフから一言

東京都世田谷区代田にて、アンティーク着物、杉並区永福にて、伊東深水、山下巌、吉田松陰の掛軸、花瓶、お着物などをお売りいただきました。

本日は、三件の出張でした。一件目は、業者様のご紹介で、杉並区永福に伺いました。こちらでは、日本画家伊東深水の椿図(軸装)、山下巌の日本画「出漁」(軸装)こちらは太巻で二重箱に納められておりました。伊東深水は、上村松園や鏑木清方に並ぶ美人画家。深水は、美人画のジャンルでそれほど大衆的な人気を博した画家です。残念ながら美人画ではございませんでしたが、当社で買取を強化している画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い受けました。掛軸の他には、お着物や深川製磁の花瓶などをお売りいただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。二件目は、世田谷区代田への出張買取。こちらでは、アンティーク着物やはぎれ、反物などを買い取らせていただきました。今なお人気のちりめんのものもございました。桐箪笥は、破損などがあり残念ながら買取することが出来ませんでした。桐箪笥はリサイクルすることが出来ませんでしたが、お母様が大事にされていたお着物、大切に次へと繋げさせていただきます。三件目は、業者様のご紹介で、世田谷区北沢へお見積りに伺いました。チークのキャビネット、加茂市で作られた時代特注桐箪笥、掛け軸、万年筆などを査定させていただきました。万年筆は蒔絵作家の入ったもので、高額査定を付けさせていただきました。こちらの掛軸には、本日買い取らせていただいた山下巌のものもございました。同日に同じ作家さんのものが出てきて、驚きました。山下巌の掛軸は、先日も買い取らせていただいたばかり。今年はわたしと縁のある画家さんなのかもしれません。買い取りが成立しましたら、またよろしくお願い致します。
ただいま六角堂では日本画などの掛け軸を探しております。また、中国書画などの掛軸も探しております。ご所蔵の作品がございましたら、無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。売却をご希望の方は、是非出張買取専門店の六角堂まで!

伊東深水(いとうしんすい)1898年~1972年
1898年 東京深川に生まれる
1910年 結城素明の紹介を得て鏑木清方に師事
1914年 日本美術院再興記念展覧会(第1回院展)入選
1927年 深水画塾設立 第8回帝展で特選受賞
1932年 山口蓬春らと青々会結成
1939年 山川秀峰らと青衿会を結成
1948年 日本芸術院賞受賞
1950年 青衿会が児玉希望の国風会と合同し日月社となる
1958年 芸術院会員に推挙される
1970年 勲三等旭日大綬章授賞
1972年 東京で歿 従四位下賜

山下巌(やましたいわお)1898年~1977年
明治31年11月鹿児島市に生まれる。大正3年上京して川合玉堂門下の山内多聞に師事。日本画会展などに受賞を重ね、15年第1回聖徳太子奉賛美術展に「晩秋」で入選、昭和2年第8回帝展に「春」で初入選、以後帝展に入選を重ねた。7年師多聞没後は玉堂の長流画塾に入門、のち児玉希望の戊辰会に参加、9年第15回帝展に「徂秋」で入選、11年改組帝展、第2回新文展にも入選、15年紀元二千六百年奉祝日本画大展にも入選する。戦後は第1回日展の「春閑」で特選となり、以後日展に入選を続ける。また三光会を結成、定期展に出品する。昭和52年没。78歳。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年2月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP