東京都新宿区中落合にて、塗師祥一郎、小山田典彦、上村松園などの絵画買取。

買取品詳細

買取品目塗師祥一郎(ぬししょういちろう)の油彩画など
ご住所東京都新宿区買取方法出張買取
買取参考価格82,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。ご家族の思い出のお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。

スタッフから一言

今年度初の出張買取。昨日は、各古物市場へ新年の挨拶準備や出張買取の日程調整、荷物の仕分けなどでバタバタしておりました。本日は二件の予定、一件はお見積り査定、一件は絵画の出張買取となりました。一件目は東京都渋谷区へ遺品整理によるお茶道具のお見積りで伺いました。表千家茶道のの師範をされていた方で、即中斎書付のお道具や茶掛けなどがたくさんございました。良いお道具が多く、目一杯の査定額を提示させていただいております。ゆっくりと処分していきたいとのことでしたので、処分される際にはまたお呼びください。二件目は新宿区中落合へ、処分整理でお呼びいただきました。タンス、絵画の買取でお呼びいただきましたが、残念ながらタンスは現在リサイクルの厳しいものでした。絵画は相見積もりでございましたが、当社にお売りいただくこととなりました。お売りいただいた絵画は、塗師祥一郎の油彩画「木」、小山田典彦の日本画「秋草」、上村松園のリトグラフ「序の舞」など。タトウ箱の欠品、額の痛みなどございましたが、当社で買い取りを強化している作家作品でしたので、頑張り査定で買い取らせていただきました。絵画の他に、小型家具や弓道の矢筒などもお売りいただきました。新年早々、良いお品をお売りいただき有難うございました。大切に次へと繋げさせていただきます。

塗師祥一郎(ぬししょういちろう)1932~2016年
雪景を主題とした写実絵画を追求し、細やかな情感のこもる作風で知られている。
1932年 石川県小松市に生まれる。
1953年 金沢美術工芸大学洋画科を卒業。小糸源太郎に師事。
1952年 第8回日展に「展望」が初入選。翌年には光風会展に初入選。光風会会員となる。
1967年 光風会展退会。日洋展に参加。
1976年 日展会員となる。
1982年 「待春の水辺」が会員賞を受賞。
2003年 日本芸術院賞を受賞し、日本芸術院会員となる。
2008年 旭日中綬章受章。
2015年  埼玉県立近代美術館「未来に遺したい埼玉の風景-塗師祥一郎展」
2016年 84歳死去。
小山田典彦(おやまだのりひこ)
1946年 宮城県に生まれる。父は日本画家小山田道憲
1969年 武蔵野美術大学日本画科卒業、福田豊四郎に師事
1972年 愛媛県美術展出品・知事賞・松山市長賞・愛媛新聞社賞受賞
1983年 個展開催(今治)
1989年 日仏現代美術展入選
1991年 個展開催(東京)
1994年 東京町田中央ライオンズクラブ旗製作
現在:無所属 埼玉県新座市在住
上村松園(うえむらしょうえん)1875~1949年
1875年 京都府に⽣まれる。
1887年 京都府画学へ⼊学。鈴⽊松年に師事。
1888年 「松園」の号を受ける。京都府画学校を退学。
1890年 第3 回内国勧業博覧会の出品作品の「四季美⼈図」が、⼀等褒状を受ける。
1893年 幸野楳嶺に師事する。
1895年 ⽵内栖鳳に師事する。
1900年 第8 回⽇本絵画協会、⽇本美術連合共進会にて⼆等銀賞受賞。
1940年 ニューヨーク万国博覧会に「鼓の音」を出品。
1941年 帝国芸術会員となる。
1943年 新文展審査員となる。
1946年 第⼀回⽇展審査員となる。
1948年 ⽇本⼈⼥性で初の⽂化勲章を受章。
1949年 逝去。享年74歳。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2019年1月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP