東京都江戸川区本一色にて、桐箪笥、着物、二代前田竹房斎の竹編花籠。

買取品詳細

買取品目二代前田竹房斎の竹編花籠(共箱無し、痛みあり)
ご住所東京都江戸川区買取方法出張買取
買取参考価格20,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

ゴミで捨ててしまおうとされていたお品に査定が付き、お客様にお喜びいただきました。古き良き時代の家具やお着物、お道具をお売りいただきました。大切に次へと繋げさせていただきます。本日は当社のご指名ありがとうございました。

スタッフから一言

東京都江戸川区本一色にて、桐箪笥、着物、人間国宝二代前田竹房斎の竹編花籠をお売りいただきました。
本日は二件の出張買取。一件目は業者様のご紹介で、千葉県船橋市へ出張しました。こちらでは、和家具や版画を買い取らせていただきました。いつもお客様をご紹介いただき有難うございます。二件目は、東京都江戸川区本一色へ解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、明治期の時代桐箪笥、アンティーク着物、贈答品、二代前田竹房斎の竹編花籠などを買い取りました。前田竹房斎は大阪の竹工芸家で、親子二代に渡って受け継がれた人気竹工芸作家。二代が亡くなり竹房斎は途絶えてしまいましたが、竹房斎が残した竹工芸品は、竹材の美しさをいかした独自の意匠表現に高い評価を得ており、今なお人気がございます。花籃や盛器、茶箱など、前田竹房斎の作品は六角堂でも買取を強化しております。本作は残念ながら共箱がなく、竹に痛みが多くございました。状態は悪いものの人気作家作品、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。お忙しい中、わたしたちの出張時間に合わせていただき有難うございました。暑い日が続きますが、明日からも頑張っていきます。
六角堂では、竹編、竹籠、竹細工を高価買取しております。飯塚鳳斎、飯塚小玕斎(しょうかんさい)、飯塚琅王干斎(ろうかんさい)、田邊竹雲齋、 早川尚古斎、前田竹房斎、鈴木玩々斎 、和田和一斎などの有名作家の竹籠は特に人気があり、 高価で買取りさせていただきます。ご処分にお困りの際は、関東全域出張買取専門六角堂までお問い合わせください。

二代 前田竹房斎(まえだちくぼうさい)1917~2003
昭和~平成時代の竹工芸家。大阪出身。本名は房次。
戦後は、デモクラシーの空気に呼応するように、壁画装飾やオブジェといった、従来の工芸の枠にこだわらない前衛的な作品を制作し、日展等の団体展に出品する。
細い丸ひごを並列して、透かしと内の重ね編みとを効果的に併用した繊細な制作や、独創の重ね網代編みの花籃など、清新で力強い、高雅な格調を築き上げた。
現代生活に即した創作性の獲得に専念し、現代感覚ある意匠を得意とした。
染色など他の工芸分野も探究し、精密かつ高度な技術で、理知的で気品に満ちた作風を確立した。
また花籃や盛器、茶箱等の煎茶道具にも自由で気品のある創作精神を示した。
1917年(大正6)年7月7日、初代竹房斎の四男として堺市に生まれる。
1935年(昭和10)年高級花籃の名匠であった父である初代竹房斎に師事した。
修業中途に兵役に就き、復員して後にほぼ独学で修行を重ね、竹工芸の研鑽に努めた。
1947年(昭和22)大阪工芸展、1953年(昭和28)関西美術展に初入選して以降に受賞を重ねた。
また1953年初入選を果たした日展では、1968年まで立体造形的な制作で活躍した。
1952年(昭和27)二代竹房斎襲名、翌年には皇太子殿下、1956年天皇陛下・皇后陛下への献上品制作の栄誉を得た。
1959年(昭和34)第6回日本伝統工芸展に初出品、70年以降は毎回出品した。
1972年(昭和47)第1回伝統工芸木竹展奨励賞、第19回日本伝統工芸展で優秀賞を受賞。
1986年(昭和61)第35回展では重要無形文化財保持者選賞を受賞した。
同展で鑑査委員をたびたび務め、伝統工芸や大阪府工芸協会等で後進の指導にも熱心にあたった。
昭和40年代に入ると、伝統工芸の継承と発展を目指す日本工芸会に入会し、現代における伝統美を追求した。
1972年(昭和47)日本伝統工芸展東京都知事賞。
1982年大阪府知事から功労表彰。
1995年(平成7)年重要無形文化財「竹工芸」保持者の認定を受けた。
2003年(平成15)3月12日死去。85歳。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年8月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP