東京都板橋区にて、青木木米造の染付茶碗、伊万里錦手香炉。

買取品詳細

買取品目青木木米造の染付茶碗、伊万里錦手香炉
ご住所東京都板橋区買取方法出張買取
買取参考価格30,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

古き時代あるお品を数多くお売りいただきました。思い出のあるお品たち、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は有難うございました。

スタッフから一言

東京都板橋区常盤台にて、桐箪笥、掛軸、青木木米造の百老人物語染付茶碗、伊万里錦手四つ足双耳香炉などをお売りいただきました。
本日は三件の出張買取。一件目は墨田区墨田区墨田へ、ペルシャ絨毯のご処分でお呼びいただきました。多少状態に問題ございましたが、ナイン産の良い絨毯でしたので、買い受けさせていただきました。二件目は埼玉県戸田市へお荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらではオーディオや獅子の石製置物などをお売りいただきました。三件目は板橋区常盤台へ、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらは不動産業者様のご紹介で、ご指名いただきました。いつもお客様をご紹介くださり、有難うございます。桐箪笥、掛軸の他、古伊万里や古陶磁器など、古き良きお品々を買い取らせていただきました。青木木米の染付茶碗の底には、聾米造とございます。聾米という号に関しては、木米は窯の中の温度を確かめるために窯に耳を近づけて、炎の燃える音で焼きの状況を判断していたため、木米の耳はいつも赤く腫れあがっており、ついには耳が聞こえなくなってしまい、そこから聾米と名乗るようになられたようです。青木木米造の百老人物語染付茶碗、伊万里錦手四つ足双耳香炉どちらもきちんと合わせ箱に収めて保管されておりましたので、状態も良くお客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良いお道具をお売りいただき有難うございました。明日は一日お休みをいただきます。

青木木米(あおきもくべい)明和4年(1767)〜天保4年(1833年7月2日)
京都生まれ。幼名八十八。字は佐平。別号に青来、百六散人、古器観、亭雲楼、九九鱗、聾米。
高芙蓉に書を学び、後に作陶に目覚めると30歳を境に京都粟田口に窯を開き評判を得る。
加賀藩前田家の招聘を受け、絶えていた加賀九谷焼の再生に尽力した。
陶工としては煎茶器を主に制作。白磁、青磁、赤絵、染付など幅広い作品を手掛けた。
永樂保全、仁阿弥道八とともに京焼の幕末三名人とされる。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年7月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP