さいたま市見沼区にて、山本倉丘や安西啓明などの掛け軸。

買取品詳細

買取品目山本倉丘の掛け軸「千鳥」
ご住所埼玉県さいたま市見沼区買取方法出張買取
買取参考価格20,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

数か所にシミなどが出てしまっておりましたが、当社で買取を強化している作家作品、お客様にお喜びいただける査定額で買い取らせていただきました。

スタッフから一言

埼玉県さいたま市見沼区にて、日本画家の山本倉丘や安西啓明などの掛軸、置物、雑貨などをお売りいただきました。
業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。本日お売りいただいたのは、日本画家の山本倉丘や安西啓明などの掛軸、木彫りや陶製の置物、雑貨など。鳥を題材にした掛軸がお好きだったのでしょうか、鳥の描かれているものが多くございました。山本倉丘の掛軸は「千鳥」というもの、二重箱に収められておりました。安西啓明は「辛夷花」というもの、辛夷花とはこぶしの花のことです。所々シミなどが出てしまっておりましたが、六角堂で買取を強化している作家作品、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。良い作品をお売りいただき有難うございました。
明日は一日お休みをいただきます。出張買取は明後日からとなります。よろしくお願い致します。

山本倉丘(やまもとそうきゅう)1893~1993
本名は伝三郎。号は橘村のち倉丘
京都に出て、山元春挙の画塾早苗会に入る。
昭和元年、第7回帝展にて初入賞を果たし、以後も出品入選を繰り返す。
昭和8年、第14回帝展で特選を受賞。
早苗会解散後は、堂本印象の画塾東丘社にも属す。
戦後は日展などに出品し、昭和40年には新日展で日本芸術院賞を受賞する。
昭和の京都画壇で活躍されました。
1893 高知県大方町伊田に生まれる。
1919 京都市立絵画専門学校を卒業
1922 池田遥邨、上村松篁らと水明会を結成
1936 水明会を結成する
1953 日展審査員になる
1961 紺綬褒章を受章
1966 日本芸術院賞を受賞
1974 勲四等旭日賞を受賞
1993 死去、99才。

安西啓明(あんざいけいめい)1905~1999
明治38年4月15日生まれ。日本画家。東京生。名は正男。川端龍子に師事。
大正15年院展に「学校」が初入選。再興院展に入選するが、龍子が青龍社を結成するに及びこれに参加、社人となる。また龍子の画塾御形塾の塾頭をつとめ、自らは青明会を主宰した。
昭和20年新京芸術院教授として満州(中国東北部)にわたる。帰国後は建築をテーマに青竜展,個展などで活躍。日本美術家連盟理事。平成11年(1999)1月11日死去、93才。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年7月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP