東京都千代田区一番町にて清瀬一光の加賀蒔絵小箱、象彦の羽子板、陶器など。

買取品詳細

買取品目清瀬一光の加賀蒔絵小箱、象彦の羽子板など
ご住所東京都千代田区買取方法出張買取
買取参考価格45,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

たくさんのお品がありましたが、一点一点丁寧に査定させていただき、お客様にご満足いただける査定額で買い受けさせていただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。

スタッフから一言

東京都文京区水道にて時代人形、市松人形、お着物、時代家具など、千代田区一番町にて加賀蒔絵師二代清瀬一光の小箱、平安象彦の羽子板などの漆器、作家物の陶器、中国や韓国の工芸品などをお売りいただきました。
本日は二件の出張買取。一件目は東京都文京区水道へ解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。昔から実家にあったという時代人形や市松さんは大正から昭和初期のものでしょうか。時代あるお人形さんたちです。お着物はシミや汚れなどございましたが、全て買い受けさせていただきました。その昔お店をされていたそうで、時代ガラスのコレクションケースなどもお売りいただきました。ご家族の思い出のお品々、大切に次へと橋渡しさせていただきます。たくさんのお品をお売りいただき有難うございました。二件目は業者様のご紹介で、千代田区一番町へお引越し前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは会社経営をされていたお父様が色々な方々からいただいたとされる加賀蒔絵師清瀬一光の小箱や平安象彦の羽子板などの漆器、作家物の陶器、中国や韓国の工芸品などをお売りいただきました。漆器や陶器の他、七宝や玉香炉、掛軸などの中国工芸品、螺鈿漆器や高麗青磁などの韓国工芸品を買い取らせていただきました。平安象彦は1661年創業の京漆器の老舗ブランド。京漆器の長い伝統を受け継いでおります。生み出される作品たちは世界中から愛されています。寛文元年(1661年)に象牙屋が開舗、漆器道具商が始まりと言われており。象牙屋の「象」と彦兵衛(ひこべい)の「彦」の二文字をとり「象彦」の名称が生まれたそうです。買い取らせていただいた羽子板は、九代西村彦兵衛のものになります。鶴が羽ばたく蒔絵が素敵な羽子板です。二代.清瀬一光は初代清瀬一光の長男として生まれる。初代から引き継ぎ、加賀蒔絵師として活躍しており、現代の生活に沿った加賀蒔絵を手掛けている事で多くのファンを獲得しています。加賀蒔絵を世界的にも広めようと尽力する清瀬一光の作品は、優美さを最大限に引き出すために、金粉を蒔いてから漆を塗って木炭で研ぎ出す研出蒔絵と、金粉を盛り上げて立体感を出す高蒔絵の2つの技法を組み合わせて生み出されています。象牙や鼈甲、ガラスなど漆器以外の素材も蒔絵を施すことを提案し、常に最先端を走り続けております。お売りいただいた小箱は、凧あげ図の蒔絵が施されております。素晴らしい漆器などをお売りいただき有難うございました。
明日は二件の出張買取。所沢市、東京都稲城市へ回ります。明日も頑張ってきます!

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年6月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP