東京都港区赤坂にて、クメール美術木彫り仏陀立像の出張買取。

買取品詳細

買取品目木彫り仏陀立像
ご住所東京都港区買取方法出張買取
買取参考価格10,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

お客様の思い出のお品をお売りいただきました。次へと残せるよう、大切に橋渡しさせていただきます。とても美味しいお紅茶、ご馳走様でした。

スタッフから一言

東京都港区赤坂にて、クメール美術木彫り仏陀立像を出張買取させていただきました。
お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。ご主人様が数十年前にアンコールワットへ旅行された時に、骨董屋さんで一目惚れされて日本まで持ち帰られた、木彫の仏陀立像をお売りいただきました。アンコールワットはカンボジア北部、アンコールにある石造寺院遺跡。12世紀の初め、クメール王朝スールヤバルマン2世の治下に建立されました。1992年には、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録されております。こちらは数百年前といわれる仏像ですので、所々割れやカケ、背面にひび割れなどございましたが、それも一つの味となっており、日本のものとはまた違った雰囲気の良い仏像でした。両手を前に差し出している姿が特徴的ですね。
現在のタイ国ロッブリーからコラート地方は、11世紀~13世紀末にかけてクメール王国の統治下であり、この地域で製作または出土されたクメール美術作品をロッブリー様式(派)の作品としています。この作品は、ドヴァーラヴァティー美術の後継者であり、その伝統的な仏像様式は両手を胸の前に上げ、掌を正面に向けた印で、「恐れなくてよい」と衆生(しゅじょう)の恐れの心を取り去って救う施無畏印(せむいいん)を結んでいます。仏陀は通常装身具を一切身に付けない姿で表現されておりますが、クメールでは装身具で荘厳された仏陀を王と重ね合わせた独自の信仰から、この作品では肉髻に円錐形のムクタ(宝冠)を被せ、美しく宝飾された帯飾りで荘厳しております。
素敵な仏像をお売りいただき有難うございました。お客様からいただいた紅茶、とっても美味しかったです。ご馳走様でした。お客様の思い出の仏像、大切に次へと橋渡しさせていただきます。本日は有難うございました。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年6月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP