東京都練馬区大泉学園町にて、桐たんす、脇田和、宮本三郎のリトグラフ。

買取品詳細

買取品目脇田和、宮本三郎のリトグラフ
ご住所東京都練馬区買取方法出張買取
買取参考価格20,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

一点一点丁寧に査定させていただきました。シミや汚れなど状態が悪く捨ててしまおうとされていたものに査定が付き、お客様にお喜びいただきました。良いお品をお売りいただき有難うございました。

スタッフから一言

東京都練馬区大泉学園町にて、桐箪笥、人気洋画家 脇田和、宮本三郎のリトグラフをお売りいただきました。

本日は二件の出張買取。一件目は、所沢市にてアンティーク着物を買い取らせていただきました。古いお着物でしたので、シミや汚れなどございましたが、全て買い受けさせていただきました。お母様の思い出のお着物とのこと、大切に次へと繋げさせていただきます。また、お父様が大切にされていた刀、脇差、短刀を見積りさせていただきました。刀と短刀の刀身に錆が出てしまっておりましたが、肥前国住近江大掾藤原忠廣の銘入りのもの。ご近所ですし、精一杯の頑張り査定をさせていただきました。ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。二件目は、練馬区大泉学園町へ桐箪笥、絵画の出張買取でした。お引越し前のお片付け整理で、不要になられてしまったとのこと。桐たんすは、時代たんす、絵画は、脇田和、宮本三郎のリトグラフでした。シミや汚れが出てしまっておりましたが、六角堂で買い取りを強化している画家作品でしたので、お客様にご満足いただける査定額で買い取らせていただきました。思い出の絵画、家具、大事に次へ橋渡しさせていただきます。良いお品をお売りいただき有難うございました。
明日は、三件の出張買取。台東区下谷、横浜市戸塚区、横浜市青葉区へと回ります。長距離走行となりますが、運転に気を付けて頑張ってまいります!
六角堂では「脇田和、宮本三郎」絵画、版画作品の高価買い取り、査定・鑑定・出張買取りを致します。
ご所蔵の作品(版画、油彩画も高額買受致します。)がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
脇田和、宮本三郎作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂までお問い合わせください!
絵画をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。

宮本三郎(みやもとさぶろう)1905~1974
1905 石川県に生れる
1922 上京し川端画学校洋画部に入学。藤島武二に師事
1936 二科会会員に推挙される
1942 陸海軍省より南方従軍を命ぜられシンガポ―ル及び香港に取材
1943 「山下・パ―シベル両司令官会見図」に対し芸術院賞を授与される
1944 朝日文化賞を受賞
1946 金沢美術専門学校教授となる
1947 同志8名と「二紀会」を設立、委員となる
1948 金沢市文化賞授与
1953 多摩美術大学教授となる
1958 日本美術家連盟理事長となる
1966 日本芸術院会員となる
1974 69歳東京で逝去。勲二等瑞宝章を賜る

脇田和(わきたかず)1908~2005
1908 東京都港区青山に生まれる
1923 青山学院を中退しドイツに留学
1930 ベルリン国立美術学校卒業
1932 太平洋画会入選
1933 光風会展光風会賞、帝展入選
1936 猪熊弦一郎、小磯良平ら8人の仲間とともに新制作派協会
(現在の新制作協会)結成に加わり、第1回新制作派協会展出品
1955 日本国際美術展で最優秀賞を受賞
1956 第7回毎日芸術賞を受賞、グッケンハイム国際美術展国内賞受賞
1968 東京芸術大学教授に就任
1991 勲四等旭日小綬章受賞、軽井沢に脇田美術館開館
1998 文化功労賞を受賞
1999 東京芸術大学名誉教授に就任
2005 死去

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年3月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP