東京都豊島区上池袋にて、舟越保武のブロンズ像「ローラ」など。

買取品詳細

買取品目舟越保武のブロンズ像「ローラ」
ご住所東京都豊島区買取方法出張買取
買取参考価格10,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

一点一点丁寧に査定させていただき、買い取らせていただきました。思いもよらないものに査定が付き、お喜びいただきました。大切に次へと繋げていきます。

スタッフから一言

東京都豊島区上池袋にて、舟越保武のブロンズ像「ローラ」などをお売りいただきました。

風邪をひいてしまっており、しばらく更新が出来ず申し訳ございませんでした。だいぶ良くなってきましたので、徐々に更新させていただきたいと思います。
本日は二件の出張買取。一件目は、千葉県市川市にて、ちゃぶ台、時代人形ケース、漆器の盆などを買い受けさせていただきました。お時間の調整をしていただいたり、お気遣いくださり有難うございました。二件目は、知人の業者様のご紹介で、解体前のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらでは、ギターなどのリサイクル品や、贈答品、絵画、舟越保武のブロンズ像「ローラ」などを買い取らせていただきました。いつもお客様をご紹介いただき有難うございます。
明日は東京都葛飾区へお見積り出張のみですので、N尾氏に任せ、わたしはもう一日体を休めたいと思います。

六角堂では「舟越保武」の作品を探しております。
ご所蔵の作品がございましたら、
無料にて誠意査定評価のうえ、即金で高価買取りさせていただきます。
舟越保武作品の正当な評価での売却をご希望の方は、是非六角堂まで!
ブロンズを含む彫刻作品をお見積りの際には、詳しい鑑定士が査定させていただきます。他にも時代家具、古道具、骨董・美術品をご処分の際には、六角堂までお問い合わせください。

舟越保武(ふなこしやすたけ)1912~20021912年12月7日 – 2002年2月5日
佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。
新制作協会彫刻部創立会員。
東京藝術大学名誉教授。
文化学院出身で画家の妻道子との間に子供6人。
次男の舟越桂や三男の舟越直木も彫刻家として活躍中。
1912年 岩手県二戸郡一戸町小鳥谷生まれ。
父親が熱心なカトリック信者だった。
県立盛岡中学校(現岩手県立盛岡第一高等学校)在学中(同期に松本俊介)に
高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け、彫刻家を志す。
1939年 東京美術学校(後の東京藝術大学)彫刻科を卒業。
このとき出会った佐藤忠良とは終生の友情を培うことになり、
二人は戦後の日本彫刻界を牽引していく。
卒業後、独学で石彫をはじめ、数々の作品を発表して注目される。
1950年 長男が生まれて間もなく急死したのを機に、
自らも洗礼を受けてカトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える。
1967年から1980年の間、東京芸術大学教授を勤める。
1986年 東京芸術大学名誉教授に。
1987年 脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。
死の直前まで左手で創作を続ける。
2002年2月5日、多機能不全で死去。89歳。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2018年1月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP