東京都台東区にて、桐たんす、着物、川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」の屏風。

買取品詳細

買取品目川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」の屏風
ご住所東京都台東区買取方法出張買取
買取参考価格20,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

一点一点丁寧に査定し、お客様にご満足いただける査定額にて買い取らせていただきました。

スタッフから一言

東京都台東区西浅草にて、桐箪笥、お着物、人気版画家川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」の屏風をお売りいただきました。

解体前のお片付け整理にてお呼びいただきました。時代桐たんすや、川上澄生の木版画「四季の西洋骨牌(とらんぷ)」を屏風装されたものなどを買い取らせていただきました。可愛いトランプの木版画をこのように屏風装されておりますと、なんとも面白いものとなりますね。素晴らしい作品をお売りくださり有難うございました。
明日はクリスマスイヴですね。都内の街はなんだか賑やかでした。わたしも明日は早めに仕事を終わらせて、夜は家族でクリスマスを過ごしたいと思います。

川上澄生(かわかみすみお)明治28年-昭和47年 本名は澄雄。横浜市出身。版画家。
絵も彫りも摺りも独学で学び、童画のような筆致をベースに、長崎絵の構図や横浜絵の遠近法、英語教科書『ナショナルリーダー』の木口木版、さらに丹緑本の手彩色などが複雑に絡み合い、渾然一体となって”澄生流”と称される独創的な表現を生み出しました。代表作に見られる溢れる詩情と、画中に文字を配する構図は、若き日の棟方志功をも魅了しました。彼の『初夏』という作品で、棟方志功は版画家に転向を決めたともいわれている大変影響力のある作家です。生前に交流があった長谷川勝三郎の所蔵作品を元に栃木県に「川上澄生美術館」が設立され、今も多くの人たちに愛され続けています。
1917年 翌年にかけて北米を放浪。
1920年 日本創作版画協会展入選。
1921年 宇都宮中学の英語教師となる。
1927年 詩と版画による絵本『青髭』を出版。
1928年 日本創作版画協会会員。
1929年 恩地孝四郎らと創作版画倶楽部刊行『新東京百景』に参加。
1931年 日本版画協会結成に参加。
1942年 国画会同人。
1949年 栃木県文化功労賞受賞。
1967年 勲四等瑞宝章を受章。
1972年 逝去。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP