埼玉県越谷市にて、人間国宝島岡達三の象嵌ぐい吞、藍大島紬などのお着物など。

買取品詳細

買取品目 人間国宝島岡達三の象嵌ぐい吞、藍大島紬などのお着物
ご住所 埼玉県越谷市 買取方法 出張買取
買取参考価格 45,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

一点一点丁寧に査定し、買い受けさせていただきました。島岡達三の作品は強化買取りしておりますので、査定額にご満足いただきました。

スタッフから一言

埼玉県越谷市にて、人間国宝島岡達三の象嵌ぐい吞、藍大島紬などのお着物などをお売りいただきました。

解体前のお片付け整理にてお呼びいただきました。前作ではありますが、民藝陶器・縄文象嵌で重要無形文化財(人間国宝)になられた島岡達三氏の象嵌ぐい吞みや、藍大島などのお着物をまとめて買い取らせていただきました。大島紬には、泥大島、藍大島、泥藍大島、色大島、白大島などございますが、藍大島は糸を藍で染めたものをいいます。藍には徳島の阿波藍、琉球藍、インド藍などいろいろな種類がございます。六角堂では、これら全ての大島紬を強化買取り中でございます。また、島岡達三のような人間国宝作品、帝室技芸員の作品、近代作家物の陶芸作品を強化買取りしてます。ご不要のお着物、陶芸作品がございましたら、当社までお問い合わせください。

島岡達三(しまおかたつぞう)大正8年(1919)10月27日〜平成19年(2007)12月11日
大正8年 (1919)東京都に、三代続いた組紐師 島岡米吉の長男として生まれる。
昭和14年(1939)東京工芸大学窯業学科入学。
昭和15年(1940)濱田庄司のもとを訪れ、卒業後の入門を許される。
昭和16年(1941)東京工業大学窯業学科卒業。
昭和21年(1946)濱田庄司に師事。
昭和23年(1948)土方冨美子と結婚。
昭和25年(1950)栃木県窯業指導所に勤務。白崎俊次の古代土器標本複製に協力。
昭和29年(1954)益子に築窯。
昭和37年(1962)日本民藝館賞受賞。
昭和39年(1964)日本民芸館賞受賞。
昭和43年(1968)ロングビーチ州立大学、サンディエゴ州立大学の夏期講座に招かれ渡米し、ヨーロッパを経て帰国。
昭和53年(1978)国画会会員。
昭和55年(1980)栃木県文化功労章受章。
平成6年 (1994)日本陶磁協会賞金賞受賞。
平成8年 (1996)民芸陶器(縄文象嵌)において国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
平成11年(1999)勲四等旭日小綬章受章。
平成19年(2007)12月11日、逝去。88歳。

縄文象嵌(じょうもんぞうがん)
縄文象嵌とは島岡達三が創案した技法。成形した作品を半乾きの状態で、表面に組紐を転がして縄文の窪みをつけます。次に窪んだ部分を含め、全体に化粧土(白土または色土)を塗ります。乾燥したら表面を薄く削り取ると、縄で凹んだ部分の窪みには化粧土が残り、もともと平らな部分は化粧土がはがれて下地があらわれます。本焼きはこれに透明釉をかけて焼成します。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2017年11月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

六角堂の出張買取対応エリア

東京・埼玉・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP