千葉県松戸市にて、留袖、訪問着、帯などのお着物、金工師高橋介州作 鋳銅鶴首花瓶など。

買取品詳細

買取品目留袖、訪問着、帯などのお着物、金工師高橋介州作 鋳銅鶴首花瓶など
ご住所千葉県松戸市買取方法出張買取
買取参考価格25,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

お客様の声

気になるお品がある時には、いつもお呼びいただく業者様です。今回もまた有難うございました。これから年末のお片付け多忙期でお忙しくなるかと思いますが、頑張ってください。また何かありましたら、お呼びください。

スタッフから一言

千葉県松戸市にて、留袖や訪問着、振袖、付下げ、羽織、名古屋帯、袋帯、和装小物、金工作家「高橋介州(勇)」作 鋳銅鶴首花瓶などをお売りいただきました。

本日は回収業者様のご紹介で、お荷物のお片付け整理でお呼びいただきました。こちらの業者様には半年ぶりくらいにお呼びいただきましたが、数年にわたってお客様をご紹介いただいております。社長様に久々お会いしましたが、相変わらずお元気そうで良かったです!今回もまた、お客様をご紹介くださり有難うございました。今回は、お着物がたくさんあるとのことでお呼びいただきました。七割近くがウールのお着物でしたが、正絹のものも数点ありウールを含め全て買い受けさせていただきました。着物の他には、金工師高橋介州作 鋳銅鶴首花瓶や贈答品などをお売りいただきました。高橋介州(1905-2004)は、石川県金沢市に生まれ、重要無形文化財(人間国宝)である海野清に師事し彫金技法を学び、帝展や新文展で活躍。戦後は活躍の場を日展にうつし、作家活動の一方で石川県工芸指導所所長や石川県立美術館の館長も勤め、さらに加賀金工作家協会の結成にも尽力し、若手作家の育成にも力を注いでいたことでも知られております。高橋介州に師事し、重要無形文化財保持者(人間国宝)となった中川衛もその一人であります。
良いお品をお譲りいただき有難うございました。

高橋介州(たかはし かいしゅう)1905年(明治38)~2004年(平成16)
石川県金沢市出身。東京美術学校卒
卒業後は海野清に師事。帝展、新文展などに出品、戦後より日展にも出品を重ねた。
1941年より石川県工芸指導所所長を務め行進の指導にも尽力、
1957年には加賀象嵌の技法により石川県指定無形文化財の認定を受ける。
作品は加賀象嵌の技法による装飾を用いた花瓶や香炉、茶道具などのほか帯留などの作品もつくられました。

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

2017年11月に投稿した六角堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP