有職御人形司 十二世 伊東久重 木彫り御所人形

有職御人形司 十二世 伊東久重 木彫り御所人形
参考買取価格50,000円
種類人形・置物:御所人形

この商品について

有職御人形司 十二世伊東久重作 木彫り御所人形「孝丸」。江戸時代から高貴な人々に愛される人形を作り続けてきた京都の伊東家。その伝統引き継ぐ有職御人形司(ゆうそくおんにんぎょうし)十二世伊東久重(ひさしげ)。伊東家は、江戸・享保年間(1716~36)、当時の当主、桝屋庄五郎が人形司として身を立てたのが始まり。67年に三代目庄五郎が、後桜町天皇から宮廷出入りの御所人形司として「有職御人形司 伊東久重」の名を賜りました。以降、代々久重を名乗っております。伊東久重の造る人形の素材は、ひび割れを防ぐため、30年以上もの間、自然乾燥させた桐材を使用します。子どもの姿を彫り、古い和紙を貼る。貝殻から作る白い顔料胡粉(ごふん)を50回ほど塗り重ね磨き上げることにより、透き通るような白い光沢が生まれる。そこに顔を描いていきます。西陣織を使う衣装作りは、代々の母や娘らが担ってきました。年間に作れるのは約30体で、数年かける作品もあるようです。御所人形は、白い肌の三頭身が特徴で、子供の遊びや、喜びに満ちた姿、様子を主題にしております。江戸時代にはその特徴から「頭大人形」や「三つ割人形」などと呼ばれておりましたが、明治時代になって、宮廷や公家、門跡寺院といった高貴な人々の間で愛されたことから「御所人形」と呼ばれるようになりました。宮中の慶事や出産、結婚など、様々な祝事の際に飾られてきた由緒ある人形です。本品は桐を使用したガラスケースに納められており、大変状態の良いお人形さんでした。

十二世 伊東久重(いとうひさしげ)
昭和19年 有職御人形司 伊東家の長男として生まれる。
昭和53年 十二世 伊東久重を継承する。
昭和60年 科学万博・日本歴史館にて「伊東久重 御所人形の世界」展。
昭和60年 高島屋京都店美術画廊にて個展。
平成12年 京都にて「十二世 伊東久重 御所人形の世界」展。(京都新聞主催)
平成12年 静岡にて「十二世 伊東久重 御所人形の世界」展。(朝日テレビ主催)
平成17年 福岡にて「十二世 伊東久重 御所人形の世界」展。(北九州市主催)
平成21年 佐川美術館にて「宮廷の雅 伊東久重 御所人形の世界」展。
平成22年 北村美術館四君子苑にて「十二世 伊東久重展」。(同23、24年)
平成26年 高島屋京都店美術画廊にて「十二世 伊東久重 ・ 建一展」を開催する。
平成30年 静岡県駿河平に「十二世伊東久重美術館」を開館。
平成30年 高島屋京都店グランドホールにて「有職御人形司 十二世伊東久重の世界」展。(朝日新聞社・京都新聞主催)
平成30年 日本橋高島屋S.C.本館8階ホールにて「有職御人形司 十二世伊東久重の世界」展。(朝日新聞社主催)
(財)表千家不審菴理事、(財)金剛能楽堂財団顧問、(財)伝統文化保存協会理事長を務める。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

美術品・骨董品買取の流れ

出張買取の流れをご紹介。初めて当店を利用される方はご覧ください。

出張買取の流れ

  1. STEP1 出張買取のお申し込みお電話または、出張買取り申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量などをお聞かせ下さい。
  2. STEP2 日時の決定(出張無料)ご都合のあう日時をお知らせください。お伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望でお時間の都合がついた場合は、即日出張買取いたします。
  3. STEP3 査定・お支払い査定が完了次第、メールにて査定結果をお伝えします。買取価格にご納得いただけましたらご指定口座に、2営業日以内にご入金致します。

出張買取の流れを詳しく見る

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休

買取可能な人形・置物一覧

当社では「有職御人形司 十二世 伊東久重 木彫り御所人形」の他、さまざまな骨董・古美術品を買い取りしております。人形・置物におきましては下記のアイテムを買取強化中です。

お売りいただけるお品がございましたら、お気軽にご連絡ください。


よろしければシェアお願いします

PAGE TOP