金城次郎 魚文花瓶

金城次郎 魚文花瓶
参考買取価格100,000円
種類陶器・漆器:陶器・陶磁器

この商品について

沖縄壷屋焼を代表する人間国宝金城次郎の作品。躍動感ある魚文の絵柄はさすが金城作品で見応えがございます。

金城次郎(きんじょうじろう)1912年(大正元年)~2004年(平成16年)
伝統の琉球陶器の再現を目指す中で浮彫技法による抽象化された魚、海老などの意匠を用いた独自の温かみある陶芸を創始、用と美を兼ね揃えた作品を展開し現代沖縄陶芸の先駆者として高い評価を持つ。 子の須美子、孫の宮城三成も陶芸家。
1912年 沖縄県那覇市与儀に生まれる。
1924年 壺屋の名工 新垣栄徳の製陶所に従事。
1945年 6月 沖縄戦終結。10月頃壺屋の開放、窯業の復興がはじまる。
1946年 那覇市壺屋に窯場を開く。
1954年 第6回沖展に工芸部門の新設により出品。(以後連続出品)
1955年 国展初入選。
1956年 第30回国展において新人賞受賞。12月 龍門司窯、益子窯を視察。
1958年 ルーマニア国立民芸博物館に「抱瓶」と「魚文大皿」の2点永久保存される。
1962年 沖縄民芸展に出品。12月丹波の窯を視察。
1963年 沖展創立15周年にあたり感謝状を受ける。
1965年 12月小鹿田、小石原の窯場を視察。
1966年 明治神宮例大祭奉祝第4回全国特産物奉献式に「長型花瓶」献納。
1967年 第1回沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞。
1968年 本民芸館同人選現代沖縄民芸展に出品。
1969年 第43回国展において会友優作賞受賞。日本の名匠「神々の器」壺屋の陶器‐金城次郎 撮影。日本民芸館賞受賞。
1971年 第1回日本陶芸展「白掛魚文線大皿」入選 海外巡回展。
1972年 10月1日 読谷村座喜味に窯を開く。沖縄県無形文化財(技能保持者)に認定される。
1973年 読谷村壺屋窯初窯展開催。国展会員となる。
1974年 日本陶芸巨匠大展に「双魚文大皿」「海老大花瓶」「三彩蓋物」三点出品。沖縄県指定無形文化財工芸展に「海老文大皿」他5点出品。
1976年 現代の陶芸本発行外9名。秩父宮妃殿下、読谷御来島。
1977年 現代の名工労働大臣賞に表彰される。ギリシャ展、パリ、オランダ見学。
1978年 文化シリーズ東京NHK美をさぐる。焼物紀行第6回沖縄の器放映。
1985年 重要無形文化財「琉球陶器」(人間国宝)に認定される。
1993年 勲四等瑞宝章受賞。
2004年 逝去。享年92。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

美術品・骨董品買取の流れ

出張買取の流れをご紹介。初めて当店を利用される方はご覧ください。

出張買取の流れ

  1. STEP1 出張買取のお申し込みお電話または、出張買取り申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量などをお聞かせ下さい。
  2. STEP2 日時の決定(出張無料)ご都合のあう日時をお知らせください。お伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望でお時間の都合がついた場合は、即日出張買取いたします。
  3. STEP3 査定・お支払い査定が完了次第、メールにて査定結果をお伝えします。買取価格にご納得いただけましたらご指定口座に、2営業日以内にご入金致します。

出張買取の流れを詳しく見る

お問い合わせ

スマホやWEBから簡単にご依頼いただけます

無料査定・買取依頼

手数料は一切かかりません! 買取のご依頼はお気軽にどうぞ
お問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくだけで、大よその査定額をお伝えすることも可能です。

買取依頼・お問合わせ

お電話からのお問い合わせは 0120-663-196

受付時間:10:00~20:00定休日:年中無休

買取可能な陶器・漆器一覧

当社では「金城次郎 魚文花瓶」の他、さまざまな骨董・古美術品を買い取りしております。陶器・漆器におきましては下記のアイテムを買取強化中です。

お売りいただけるお品がございましたら、お気軽にご連絡ください。


よろしければシェアお願いします

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川を中心に千葉・茨城・群馬・栃木・山梨・静岡へも出張しております。骨董品は、内容により全国に出張買取対応いたします。全国対応の宅配買取もご利用下さい。
※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

<本人確認に必要なもの>本人確認のため(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード)などをご提示をお願い申し上げます。

PAGE TOP