仏像は仏様の姿を彫刻や絵画で表現したものです。仏像の種類について、大きく5つに分けることができます。

  • 如来
  • 菩薩
  • 明王
  • 天部
  • その他の諸尊

5つに分けられますが、釈迦如来、阿弥陀如来とさまざまな仏像が作られています。

●「如来」

  • 釈迦如来
  • 阿弥陀如来
  • 薬師如来
  • 毘盧遮那仏
  • 大日如来
  • 他、多数の如来

東南アジアでは、釈迦如来の仏像がよく見受けられます。仏教の開祖、仏陀としても知られているでしょう。奈良の東大寺にある日本一巨大な大仏も一般的に有名です。あの仏像は毘盧遮那仏です。また、如来と同じく、菩薩像もよく作られている仏像です。

●「菩薩」

  • 地蔵菩薩
  • 弥勒菩薩
  • 文殊菩薩
  • 観音菩薩
  • 千手観音
  • 勢至菩薩
  • 普賢菩薩他、多数の菩薩

菩薩は「さとりを求める者」を意味します。仏陀を目標とし、修業をしている修行者です。

●「明王」

  • 不動明王
  • 降三世明王
  • 軍荼利明王
  • 孔雀明王
  • 金剛夜叉明王
  • 愛染明王
    他、多数の明王

明王は他の仏様と異なる特徴的があります。明王の特徴として、武器を持つ、複数の目や手、岩や動物などに座っている形式が多いです。如来の教えに従わない人間、生き物を調伏したり救うことが明王の役割です。如来や菩薩像は柔らかな表情ですが、明王はその役割のため怒りを感じさせる表情となっています。

●「天部」

  • 弁財天
  • 大黒天
  • 毘沙門天
  • 吉祥天
  • 帝釈天
  • 摩利支天
  • 歓喜天
  • 梵天
  • 四天王
  • 金剛力士他、多数の天部

天部は仏教において天界に住むとされている存在です。古代インドの神々がルーツであり、数も非常に多いです。また、仏法における守護神や福徳神とされています。

主にこの4種類の仏様に分けられますが、それ以外にもあります。かまどの神様として知られる三宝荒神、閻魔大王、役行者や鑑真、空海や最澄など、歴史上、仏教に関連した人物も仏像になっています。仏像の種類は非常に多いと言えるでしょう。

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP