デザインも気に入って高いお金を出して着物を購入したのに、着付けが悪ければ台無しです。
適切な着方をマスターすることで、着物を美しく着こなすことができます。

◆着物の着方の基本

1 まず着物を背中側へ回し、肩から羽織りましょう。両肩にかけ、片袖ずつ通すと簡単です

2 両手で、衿先の、下から3分の1ほどを持って下全体を持ち上げます。その時、裾線は床に触れそうなぐらいの長さにします。また、床と平行になるようにしましょう。

3 左の脇線が体の中央辺りに来る程度に折り、上前の裾の位置を決めましょう。脇線は自分から見て真横より、0.5~1センチ程度前方に来るようにします。

4 次は下前の位置決めです。下前の褄先を床から15センチ程度、上げましょう。上前を広げる時のポイントは、床と平行に手を動かすことです。丈が短いと、平行に動かしていない可能性があります。

5 下前を決定したら、脇で下前をはさみます。それから上前をかぶせましょう。この時も手先を床と平行に動かしてください。上前の褄先は、下前の半分程度を目安にしましょう。大体、7~8センチぐらいです。正面から見た時、上前が足の甲に少しかかるぐらいを基準にしても良いでしょう。

6 今度は腰紐を結んでいきます。右手で腰紐の中心を持って、右脇に当て、後方へ回してから交差させます。腰紐の位置は、腰骨より2~3センチ上程度です。結ぶ時はしっかりと締めましょう。きつく締めても徐々に緩んで苦しくないです。

7 両脇の身八つ口から両手を入れて、後ろのおはしょりにできたシワを取るように調整してください。腰紐に着物が挟まっていないかもチェックしましょう。次に、後ろと同じく前も整えます。

8 背中心を合わせるため、左右の掛け襟を合わせ、長襦袢の衿に沿う形で、下前の衿を整えましょう。次に左の身八つ口よりコーリンベルトを入れてから、下前の衿を挟みます。

9 コーリンベルトを後方から右側へ回したら、今度は上前の衿先を下向きにはさみましょう。

10 最後に背中にできた余分なシワを脇にとって整えます。

◆着物の着付けのポイント

・帯揚げ

出過ぎないよう気をつけましょう。結び目は3~4センチ幅で四角になる形が良いです。シワがないようにしてください。また、正面から見た時、帯揚げが見えないよう帯の中に入れるのがポイントです。
ただし、振り袖は多く出します。しかし着物の場合、出さないことで上品に魅せられます。

・お太鼓

お太鼓の山はまっすぐ。少し丸みがあると良いでしょう。たれ先、手先、お太鼓、この3つが綺麗に交わるようにします。帯についても斜めに歪まないよう注意してください。

・襟

襦袢の衿は首にきちんと沿うようにすると綺麗になります。
首と衿の間に隙間を作らないようにしましょう。ただ後ろの襟については、こぶしが一つ入る程度空けると良いです。襟についてはゆったりとしているときれいに見えます。
ただ、開けすぎてゆったりしすぎると、少し品が悪くなります。そのため適度さを心がけるのがポイントです。

【六角堂】の出張対応エリア

東京・埼玉・神奈川を中心に承っております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

PAGE TOP